img

履修証明プログラム


┃履修証明プログラムとは

履修証明プログラムとは、学生以外の方(社会人等)を対象に開設している学習プログラムのことで、120時間以上のまとまった内容の授業で組み立てられたものを一定期間の間に履修するシステムです。
履修証明プログラムを修了した方には、学校教育法第105条に基づいた履修証明書が大学から交付されます。
(詳しくは、文部科学省「大学等の履修証明制度について」のページをご覧ください。)

本学では、「社会人育成講習会 包装食品工学総合コース」を履修証明プログラムとして開設しております。

社会人育成講習会
主として食品産業に従事している者、あるいは食品関連の教育に携わっている者を対象として、現場の中核となる人材を養成することを目的とした講習会です。
食品の製造、食品容器の密封、食品の保存技術等を内容とした6コースを体系的に編成しています。

包装食品工学総合コース
社会人育成講習会で開講している34科目全てを受講することで、容器詰め食品の加工技術および保存性を高めるための密封技術を体系的に学べるコースです。
加工食品製造現場におけるマネジメント能力を得ることができます。

┃履修資格

1. 高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者
2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者
3. 文部科学大臣の定めるところにより、上記と同等以上の学力があると認められた者


┃募集要項

●募集対象者
1. 食品及び容器関連企業で実務経験(2年程度)を有する者
2. 農業高校、水産高校等で食品加工・食品製造の教育に携わっている者
3. 食品産業に転職及び求職するために必要な能力の習得を計画している者
4. その他、本学が受講を認めた者

●募集定員
20名

●出願書類
・社会人育成講習会参加申込書(本学所定用紙)
・卒業証明書(原本)又は卒業証書(写し)

●履修審査
出願書類の書類選考により履修を決定し、出願者に通知します。

●出願期間
毎年5月中旬~7月末

┃履修料

200,000円(消費税込)
*ただし、過年度に「社会人育成講習会 食品総合コース」を修了し、包装食品工学総合コースに編入する場合の履修料は、100,000円(消費税込)とします。

┃修了の要件

1. 総授業時間数の3分の2以上に出席すること
(なお、欠席者に対しては、必要に応じて補講を行います。)

2. 筆記試験(100点満点)において60点以上の評価を得ること
(なお、60点未満の場合は、希望があれば再試験を実施します。)

┃プログラム詳細および関連規程

1. コース概要・講義概要・時間割(PDF file)
2. 各科目のシラバス(PDF file)

3. 履修証明プログラムに関する規程(PDF file)
4. 履修証明プログラム実施要領(PDF file)

▲ページTOP

PC用ホームページはコチラ

(c) Toyo College of Food Technology