img

Save Food!川西の傷ついた桃を救う。


海外では、食品廃棄物の削減はもちろん、収穫農作物や漁獲水産物等が消費されずに損失することも減らそうという「Save Food」が提唱されています。

そして、このたび、JA兵庫六甲様から、川西市の特産である桃においても、傷があるなどの理由で生食用としては規格外になっているものがある、そういった桃を活用できる方法はないか?という相談を受けました。

セーブフード

そこで、本学学生が中心となって、規格外の桃を使ったジャムのびん詰の製造を試みました。皮が剥きにくく苦労しましたが、無事に完成しました。

桃をご提供くださった農家の方には、JA兵庫六甲 川西営農支援センターの田中氏から、完成したジャムのびん詰を届けていただきます。

セーブフード

本学では今後も、「Save Food」の取り組みを推進し、拡げていきたいと考えています。

▲ページTOP

PC用ホームページはコチラ

(c) Toyo College of Food Technology