img

租税教室を開催しました。


2017年11月16日(木)の午後3時30分から約1時間、伊丹税務署の明石敬子署長をお招きして、2年生対象の租税教室を開催しました。

租税教室

2年生は、あと5か月足らずで社会に巣立っていき、これまで以上に「納税の義務」を意識しなければなりません。
そこで、「税金とは、社会共通の費用をまかなう会費である。」ということ、なぜ税金が必要なのか、また、税金が社会のためにどのように使われているかなどを、財務省発行リーフレットや国税庁ホームページ、税金クイズなどを通して学んでもらいました。


また、2019年10月から実施される消費税率引き上げ及び軽減税率制度について、専門家に教わらなければ気付かないような税について、1億円ってどれぐらいの量と重みがあるの?など、詳しくは知らないもののなんとなく気になっていた、というようなテーマも知ることができ、社会人一歩手前の2年生は、真剣な面持ちで聴講していました。

▲ページTOP

PC用ホームページはコチラ

(c) Toyo College of Food Technology